季寄せ新年

分類 季寄せ 読み 意味
行事 白馬節会 あおうま‐の‐せちえ 宮廷年中行事の一。正月七日、朝廷で、左右馬寮から白馬を庭上に引き出して天覧の後、群臣に宴を賜う儀式。この日に青馬を見ると年中の邪気を払うという中国の風習による。本来は青馬を引いたのを、日本で白馬を神聖視したところから後に白馬に変更、字は「白馬」と改めたがアオウマとよむ。七日の節会。
時候 明けの春 あけ‐の‐はる 初春。年のはじめ。
生活 小豆粥 あずき‐がゆ 小豆を米にまぜて炊いた粥。多く餅(粥柱)を入れる。邪気を除くとして、正月一五日にこれを食し、またその炊きあがり方で豊凶を占う(粥占)。冬至や大師講、引越しの時にも炊いた。桜粥。
生活 穴一 あな‐いち (アナウチ(穴打)の転か) 地面にあけた穴に約一メートルをへだてた線外から銭をうち込み、穴に入ったものを所得とする遊戯。後にはめんこ・小石などをつかう。多く、正月の遊び。あなうち。ぜにうち。かねこうち。ばいこ。投銭戯。
生活 飴宝引 あめ‐ほうびき 江戸時代、子供相手に飴を景品にして行なった福引。
時候 新玉の あらたま‐の 「年」「月」「日」「夜」「春」にかかる。「あらたまの年」は新年の意で
生活 阿良礼走 あられ‐ばしり (「霰走」とも書く)踏歌(トウカ)の異称。終りに「万年(ヨロズヨ)あられ」ということばを繰り返しつつ足早く走り退くからいう。
動物 伊勢海老 いせ‐えび イセエビ亜目イセエビ科のエビの総称。またその一種。大形で体長三○センチメートル以上に達する。体色は赤褐色。頭胸甲は円筒形で堅く、多くの棘があり、腹部は大きくやや扁平。歩脚はどれも鉗(ハサミ)をもたない。関東から九州の太平洋岸と西岸、台湾北部の岩礁にすむ。湯蒸しして赤くなったものを正月の鏡餅などにそえ、かざりとする。肉味佳良。近縁種にカノコイセエビがあり、よく混同される。わが国には奄美・沖縄諸島に多い。鎌倉蝦。縞海老。竜蝦。紅蝦。
生活 射場始 いば‐はじめ 弓場始(ユバハジメ)に同じ。
生活 鷽替 うそ‐かえ 太宰府・大阪・東京亀戸(カメイド)などの天満宮で、参詣人が木製の鷽を互いに交換し、神主から別のを受ける神事。金製の鷽を換え当てた者は好運を得るとされる。太宰府は正月七日夜の酉(トリ)の刻に行う。亀戸は正月二五日。
生活 歌加留多 うた‐ガルタ カルタ遊びの一種。小さい紙札に、小倉百人一首などの和歌の全句を書いたものを読札、下の句だけ書いたものを取札とし、取札をまき、読札を読むに従って取札を取り、その札の数の多少により勝負を決する。江戸初期に始まり、多く正月の遊びとする。
生活 卯杖 う‐づえ 正月の上卯の日に邪鬼を払うまじないとした杖。宮中では大学寮または諸衛府から天皇・中宮などに奉った。桃・梅・椿・ひいらぎの木などを五尺三寸ずつに切って束とする。正倉院御物にある。神社や民間でも贈答した。祝の杖。
植物 裏白 うら‐じろ ウラジロ科の常緑シダ。アジア各地に広く分布。根茎は匍匐して所々に葉柄を出し、葉身は二叉する。葉身は羽状に分裂、裏は帯白色で、胞子嚢四個から成る子嚢群をつける。葉は正月の飾りに用い、また、葉柄を乾かして器具を製する。ヤマクサ。ホナガ。モロムキ。ヘゴ。
生活 絵双六 え‐すごろく 絵入りのすごろく。
生活 恵比須回し えびす‐まわし 「えびすかき」に同じ。
生活 恵方 え‐ほう 古くは正月の神の来臨する方角。のちに暦術が入って、その年の歳徳神(トシトクジン)のいる方角。あきのかた。吉方(エホウ)。
生活 恵方参り えほう‐まいり 正月元日にその年の恵方に当る神社に参詣すること。恵方詣。
生活 えんぶり えんぶり (エブリスリ)に同じ。
生活 閻魔詣で えんま‐もうで 陰暦一月および七月の一六日を閻魔王の斎日と称し、地獄の釜の蓋が開く日と伝えて、閻魔堂に参詣すること。えんままいり。
生活 老いの春 おい‐の‐はる 正月の祝い言葉。年をとって迎える新年を祝う。
生活 追羽根 おい‐ばね 二人以上で一つの羽根を羽子板でつきあうこと。女の子の新年の遊び。おいはご。羽根つき。
行事 椀飯 おう‐ばん 鎌倉・室町時代、宿将・老臣が毎年正月元日・二日・三日・七日・一五日などに、将軍を自分の営中に招いて盛宴を張ったこと。
生活 椀飯振舞 おうばん‐ぶるまい (「大盤振舞」は当て字) 江戸時代、民間で、一家の主人が正月などに親類縁者を招き御馳走をふるまったこと。転じて一般に、盛大な饗応。
生活 大服 おお‐ぶく 大服茶の略。
生活 大服茶 おおぶく‐ちゃ 元旦に、若水の湯に梅干、後に黒豆・山椒などを入れて飲む茶。その年の悪気を払うという。
生活 御鏡 お‐かがみ (婦人語) かがみもち。
植物 御形 お‐ぎょう ハハコグサの異称。春の七草(ナナクサ)の一としての呼称。ごぎょう。
生活 白朮詣り おけら‐まいり 大晦日の深夜から元旦にかけて、朮祭に詣でること。
生活 御下がり お‐さがり (「御降」と書く) 正月三箇日に降る雪または雨の忌詞。
生活 押鮎 おし‐あゆ 塩漬にして、おもしで押した鮎。元日の祝膳に供した。
生活 御年玉 お‐としだま 新年のお祝いの贈物。
生活 鬼打木 おにうち‐ぎ 関東地方で、正月一四日の年越しに、疫鬼を打ち払うために門に太い薪を二本寄せかけておくこと。おにぎ。にゅうぎ。
生活 斧始め おの‐はじめ その年はじめて山に入り、木を伐り出す、新年の行事。
生活 女正月 おんな‐しょうがつ 正月一五日の称。年はじめには多忙だった女がこの日年賀に出向くことからいう。
生活 女踏歌 おんな‐しょうがつ 正月一六日に行なった女のする踏歌。舞妓四○人が紫宸殿の南庭から校書殿をめぐり、歌を唱え退出する。
生活 女礼者 おんな‐れいしゃ 女の年賀客。略して「女礼」とも。女賀客。
生活 買い初め かい‐ぞめ 正月に入って初めて物を買うこと。はつがい。
生活 傀儡師 かいらい‐し 江戸時代、胸に箱をかけてその中から木偶人形(デクニンギヨウ)を取り出し舞わせた大道芸人。正月の祝儀として門付けをすることが多かった。起源は平安時代にさかのぼる。人形つかい。くぐつ回し。
生活 回礼 かい‐れい 年賀に方々を回ること。
生活 鏡開き かがみ‐びらき 日(のち一一日)に割って食べたのに始まる。鏡割り。
生活 鏡餅 かがみ‐もち 平たく円形の鏡のように作った餅。大小二個を重ね、正月に神仏に供え、または吉例の時などに用いる。古くは「餅鏡」。かがみ。おそなえ。おかざり。円餅。
生活 書き初め かき‐ぞめ 新年に初めて文字を書くこと。古来、正月二日に、吉方(エホウ)に向かってめでたい意味の詩歌などを書いた。吉書(キツシヨ)。ふではじめ。
生活 賀客 が‐きゃく (ガカクとも) 祝賀にくる客。特に、年賀にくる客。
生活 懸鯛 かけ‐だい 近世、正月に邪気を払う飾りとして、藁縄で結び合せて門松または竈(カマド)の上にかけた二匹の乾鯛。六月一日に食した。掛小鯛。
生活 掛蓆 かけ‐むしろ 正月、神前に新しく掛ける莚。あらむしろ。
生活 飾り かざり 松かざり。しめかざり。おかざり。
生活 飾り海老 かざり‐えび 新年の飾りに用いるエビ。
生活 飾り取る かざり-とる 新年の松飾り・注連(シメ)飾りなどを取り去る。多く、正月六日または一四日に行う。
生活 飾り松 かざり‐まつ 「かどまつ」に同じ。
生活 賀状 が‐じょう 祝賀の書状。祝いの手紙。特に、年賀状。
生活 数の子 かず‐の‐こ (「鰊(カド)の子」の意) ニシンのはらごを乾燥または塩漬にした食品。水に浸して戻し醤油などをかけて食する。カズノコを子孫繁昌の意にとって、新年・婚礼等の祝儀に用いる。かずかず。
生活 かせどり かせどり 小正月の夜、扮装した若者たちが鶏の鳴き声などをして各戸を訪れて物を貰う民間習俗。福島県でカッカドリ、山形県でカセイドリ、岩手県でカセギドリなどという。
生活 門飾り かど‐かざり 正月に、門松を立て門口を飾ること。また、その飾り。
生活 門松 かど‐まつ 新年に、歳神を迎える依代(ヨリシロ)として家々の門口に立てて飾る松。松飾り。飾り松。立て松。
生活 門礼 かど‐れい 新年に門口で年賀の挨拶をすること。
生活 かま‐くら かま‐くら 秋田県横手地方での小正月の行事。子供たちが雪で室(ムロ)を作り、水神を祭り、一五日の朝、その前で火を焚いて鳥追いの歌を歌う。
行事 粥占の神事 かゆうら‐の‐しんじ 神社で、正月一五日に小豆粥を作る時、細い青竹または茅を入れて炊き、その管の中に入った粥または小豆の数によってその年の五穀の豊凶などを占う神事。筒粥の神事。
行事 粥杖 かゆ‐づえ 正月一五日に粥を煮る時に用いた削木の杖や燃えさしの薪(タキギ)。これで女の尻を打てば男子をはらむとされた。平安時代以来の行事。果樹を粥杖で叩き「なるかならぬか」と責める行事も各地で行われる。粥の木。
行事 粥の木 かゆ‐の‐き 粥杖(カユヅエ)に同じ。
生活 粥柱 かゆ‐ばしら 正月一五日に粥の中に入れて食う餅。また、粥杖のことをいう地方もある。
生活 歌留多 カルタ 遊戯または博奕(バクチ)の具。小さい長方形の厚紙に、種々の形象または詞句・短歌などを書いたもの数十枚を数人に分け、形象・詞句・短歌に合せて取り、その取った数によって勝負を定める。花ガルタ・歌ガルタ・いろはガルタ・トランプなど種類が多い。特に、歌ガルタ・いろはガルタを指す。多く、正月の遊び。
時候 元日 がん‐じつ 年の初めの日。正月の第一日。
時候 元旦 がん‐たん 元日の朝。元朝。また、元日。一月一日。
行事 着衣始 きそ‐はじめ 江戸時代、正月に新衣を着始めること。また、その儀式。
行事 吉書 きっ‐しょ 書初め。
生活 毬杖 ぎっ‐ちょう 正月行事の童子の遊戯に使用する、毬(マリ)を打つ長柄(ナガエ)の槌。近世は彩色を施し、金銀泥を加えて正月の飾りものとする。また、その遊戯。ぎちょう。
時候 旧年 きゅう‐ねん (新年にいう) 去年。昨年。
時候 御慶 ぎょ‐けい 特に、新年の祝詞。おめでとうございます。
生活 切山椒 きり‐ざんしょう サンショウの汁と砂糖をまぜたしんこ餅を細長く切った生菓子。東京の下町では、正月から三月頃まで売った。
生活 食積 くい‐つみ ほうらい【蓬莱】新年の祝儀に三方の盤上に白米を盛り、上に熨斗鮑(ノシアワビ)・伊勢海老・勝栗・昆布・野老(トコロ)・馬尾藻(ホンダワラ)・串柿・裏白・譲葉・橙・橘などを飾ったもの。蓬莱飾。宝莱。江戸では喰積(クイツミ)。
生活 具足餅 ぐそく‐もち 戦国時代以後、正月に甲冑に供えた鏡餅。正月一一日にこれを食べて祝賀する。鎧餅。
行事 鍬初め くわ‐はじめ 新年に耕作・土工などを始める儀式。くわぞめ。
行事 稽古始 けいこ‐はじめ 新年になって初めて、武術や遊芸の稽古をすること。
時候 今朝の春 けさ‐の‐はる 立春頃の朝。また、新年。新春。
生活 削り掛け けずり‐かけ 正月一五日の小正月に神仏などに供える飾り棒。楊(ヤナギ)・ニワトコなどの枝を薄く削(ソ)いで渦状に残しておく。幣(ヌサ)の古い形といわれる。アイヌにも同様のものがある。削り花。穂垂(ホタレ)。掻垂(カイタレ)。
生活 胡鬼板 こぎ‐いた 羽子板(ハゴイタ)のこと。
時候 小正月 こ‐しょうがつ 旧暦の正月一五日、或いは正月一四日から一六日までの称。元日を大正月というのに対する。小年(コドシ)。二番正月。若年。
時候 こ‐ぞ こ‐ぞ 去年。昨年。
時候 去年今年 こぞ‐ことし 新年を迎えて、年の移り変わりをあらためて実感していう語。行く年来る年。
時候 今年 こ‐とし 現在を含むこのとし。こんねん。
生活 小殿原 こ‐とのばら (婦人語。数が多いことからの称という) ごまめ。
生活 独楽 こま 子供の玩具。円い木製の胴に心棒(軸)を貫き、これを中心として回転させるもの。種類が多い。多く、正月の遊びの具とする。
生活 小松引き こまつ‐ひき 平安時代、正月初の子(ネ)の日に小松を引いて遊んだこと。ねのひのあそび。
生活 古女 ごまめ カタクチイワシの乾製品。正月などの祝賀用とする。田作(タツクリ)。ことのばら。
行事 御用始め ごよう‐はじめ 諸官庁で、一月四日、その年の執務を始めること。
生活 才蔵 さいぞう 万歳(マンザイ)で、太夫の相手をして人を笑わせる役。大黒頭巾(ズキン)をかぶり、裁着(タツツケ)を穿(ハ)く。才若。
時候 歳旦 さい‐たん [後漢書呉良伝] 新年の第一日。元日。元旦。
生活 幸木 さいわい‐ぎ 正月の飾り木。長さ一間ほどの棒に注連縄(シメナワ)を飾り、野菜・魚など正月の食料を吊すもの。さちぎ。しゃちぎ。さいぎ。
行事 左義長 さ‐ぎちょう (もと、毬打ギツチヨウを三つ立てたからという) 小正月の火祭りの行事。宮中では正月一五日および一八日に吉書(キツシヨ)を焼く儀式。清涼殿の東庭で、青竹を束ね立て、毬打三個を結び、これに扇子・短冊・吉書などを添え、謡いはやしつつ焼いた。民間では正月一四日または一五日(九州では六〜七日)長い竹数本を円錐形などに組み立て、正月の門松・七五三飾(シメカザリ)・書初めなどを持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食えば、年中の病を除くという。子供組などにより今も行われる。どんど焼。さいとやき。ほっけんぎょう。ほちょじ。おにび。三毬打。
生活 猿引 さる‐ひき 猿まわし。
生活 猿回し さる‐まわし 猿に種々の芸をさせ、見物客から金銭を貰い受けるもの。縁起物として多く正月に回った。さるつかい。さるひき。(猿は馬の病気を防ぐという俗信から、大名屋敷では厩ウマヤで舞わせた)
行事 参賀 さん‐が 参内して祝賀の意を表すること。特に、新年に皇居に行って祝意を表すこと。
時候 三箇日 さん‐が‐にち 正月の元日・二日・三日の三日間の称。
時候 三始 さん‐し (年・月・日の始めであるからいう) 正月元日。三元。三朝。
時候 三朝 さん‐ちょう (年と月と日との朝であるからいう) 正月元日の朝。元旦。
行事 仕事始め しごと‐はじめ 新年になって始めて仕事をすること。正月二日をその日とする地方が多い。事始め。仕始め。
生活 獅子舞 しし‐まい 獅子頭をかぶって行う舞。唐から伝わり、舞楽として演奏したが、後に変容して太神楽(ダイカグラ)や各地の祭礼などで、五穀豊穣の祈祷や悪魔払いとして、新年の祝いに行われるようになった。
植物 羊歯 し‐だ 特に、ウラジロをいう。
生活 七福神詣で しちふくじん‐もうで 新年に七福神の社寺を巡拝して福徳を祈ること。しちふくまいり。
行事 試筆 し‐ひつ かきぞめ。
行事 四方拝 しほう‐はい 一月一日に行われる宮廷行事。天皇が当日午前五時半(昔は寅の刻)束帯を着し、神嘉殿の南座(昔は清涼殿の東庭)に出御、皇大神宮・豊受大神宮・天神地祇・天地四方・山陵を拝し、宝祚の無窮、天下太平、万民安寧を祈る儀式。明治になって三大節の一とする。
行事 注連飾 しめ‐かざり 正月などに、門や神棚にしめなわを張って飾ること。また、その飾ったもの。
行事 注連貰い しめ‐もらい 取り払った門松やしめ飾りを子供が貰い集めて、正月一五日に左義長(サギチヨウ)で焼くこと。
行事 十五日粥 じゅうごにち‐がゆ 一年中の疫気を払うために、正月一五日の朝食べる小豆粥。また、その炊きあがり具合で、その年の豊凶を占う。
生活 十六六指 じゅうろく‐むさし 遊戯の一。もとは博戯、後世、正月などの家庭遊戯となる。親石一個、子石一六個を用い、盤図の上に、中央に親石、外郭に子石一六を並べる。親から動いて二つの子石の間に割り込めばその左右の子石は死に、子石から動いて親石を囲んで動けなくすれば親石の負けとなる。十六目石。十六さすがり。さすがり。弁慶むさし。むさし。牛追いにっさ。
生活 淑気 しゅく‐き 天地の間に満ち満ちているめでたいけはい。新年をことほぐ気持からいう。
時候 正月 しょう‐がつ 一年の一番目の月。いちがつ。むつき。また、松の内をいう。
時候 初春 しょ‐しゅん 陰暦正月の称。孟春。
行事 人日 じん‐じつ [荊楚歳時記] 五節句の一。陰暦正月七日の節句。七種(ナナクサ)の粥を祝う。ななくさ。人の日。
時候 新年 しん‐ねん あたらしい年。改まった年。年の始め。
天文 節東風 せち‐ごち 旧暦の正月に五日も一○日も続いて吹く東風。
生活 節振舞 せち‐ぶるまい 正月、親戚・知人などが訪問し合って宴会をすること。
生活 雑煮 ぞう‐に 餅を野菜・鳥肉・魚肉などとともに仕立てた味噌汁または清汁(スマシジル)。新年の祝賀に食する。雑煮餅。
生活 田遊 た‐あそび 稲の豊作を予祝する神事芸能。多く正月に行われ、老夫婦・田主(タアルジ)・早乙女(サオトメ)などに扮装した農民が、社寺の境内で、田打・代掻・田植・鳥追・刈上・倉入など、収穫までの行事を模擬的に演ずる。「あそび」は神楽(カグラ)の意。御田(オンダ)・春田打・田植祭とも。
生活 田植踊 たうえ‐おどり 小正月の前後に豊年を祈念して行う、田植を演芸化した舞踊。多く東北地方の農村で行われる。
生活 宝船 たから‐ぶね 正月の初夢を見るために枕の下に敷いた縁起物。御宝(オタカラ)。多くは、米俵・宝貨を積んだ帆掛船の絵に七福神を描き、「ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな」の回文歌(カイブンウタ)などを書き添えた。
生活 田作 た‐つくり 「ごまめ」の異称。田植の祝儀肴として用いたのでいう。また鰯(イワシ)類が田の肥料として早くから認められたのでとも。正月の祝肴に用いる。関東地方では「たづくり」という。
生活 棚卸し たな‐おろし 決算や整理のため在庫の商品・原料・製品などの種類・数量・品質を調査し、その価格を評定すること。近世には、正月上旬に吉日を選んで行なった。
生活 達磨市 だるま‐いち 縁起物の達磨を売る市。東日本で多く正月に開かれる。
行事 朝賀 ちょう‐が 元日に天皇が大極殿で百官の年頭の賀を受けた大礼。みかどおがみ。朝拝。拝賀。
生活 帳綴じ ちょう‐とじ 帳祭(チヨウマツリ)に同じ。
植物 草石蚕 ちょろぎ シソ科の多年草。中国原産。高さ六○センチメートルくらい。茎は方形。全株に粗毛を生じ、秋、紅紫色の唇形花を総状に開く。晩夏に地下に生ずる巻貝に似た塊茎は食用で、赤く染めて正月の料理に用いる。ちょうろぎ。
行事 綱引き つな‐ひき 競技の一種。一本の綱の両端を多人数で引き合って勝負を争うもの。日本ではもとは農作物の豊凶を占う年占(トシウラ)で、近畿以東では正月一五日前後、中国以西では七月一五日または八月一五日に行うことが多かった。
生活 木偶回し でく‐まわし 傀儡師(カイライシ)に同じ。
行事 出初め で‐ぞめ 出初式の略。
生活 手鞠 て‐まり 玩具の一種。まるめた綿を心とし、表面を色糸でかがったもの。また、表面を絵・彩色などで飾ったゴム製・ビニール製のもの。手でついて遊ぶ。古くは正月の遊び。
生活 投扇興 とうせん‐きょう 江戸時代の遊戯の一。台の上に蝶と呼ぶいちょう形の的を立て、一メートルほど離れた所にすわり、開いた扇を投げてこれを落し、扇と的の落ちた形を源氏五十四帖になぞらえた図式に照らして採点し、優劣を競う。一七七三年(安永二)頃から盛行。扇落(オウギオトシ)。なげおうぎ。
生活 道中双六 どうちゅう‐すごろく 東海道五十三次などの図を画き、まわり双六の方法で遊んだ絵双六。江戸時代に流行。旅双六。
行事 十日恵比須 とおか‐えびす 正月一○日に行われる初恵比須。兵庫県西宮の蛭子(エビス)神社のほか京都建仁寺・大阪今宮の祭が名高い。宝をかたどった縁起物を笹の枝先に付けて売る。
生活 年男 とし‐おとこ 武家で、追儺(ツイナ)の豆打をし、新年に門松を立て若水を汲み、歳徳棚(トシトクダナ)の飾付けなどを勤める男。
生活 年木 とし‐ぎ 新春の用意に、年末に切り出しておくたきぎ。節木(セチギ)。
時候 年立つ とし‐たつ 年が改まる。新年となる。
生活 年棚 とし‐だな 年の神すなわち正月の神を迎えるために作る棚。その年の恵方(エホウ)に向けて吊り、注連(シメ)をひきわたして、お供えをする。歳徳棚(トシトクダナ)。恵方棚。
生活 年玉 とし‐だま (年賜の意) 新年の祝儀として贈る物。
生活 歳徳神 としとく‐じん 暦注の一。その年の福徳をつかさどる神。この神の在る方角を明(アキ)の方または恵方(エホウ)といい、万事に吉とする。としとくさん。
行事 屠蘇 と‐そ 屠蘇散を入れた酒・みりん。正月の祝儀として飲む。
生活 鳥総松 とぶさ‐まつ 新年の門松を取ったあとの穴に、その松の梢を立てておくもの。
生活 鳥追い とり‐おい 江戸時代、女太夫(オンナダユウ)と称する女芸人が新年に衣服を新しくし、菅笠に代えて編笠をかぶり、三味線を弾き、鳥追歌を唄いながら門付けしたもの。
行事 どんど どんど 小正月(一月一五日)に村境などで行う火祭。門松・竹・注連縄(シメナワ)などを集めて焚く。どんどやき。とんど。
生活 泣き初め なき‐ぞめ 新年になって初めて泣くこと。主に、子供をはやしていう。初泣(ハツナキ)。
植物 なずな アブラナ科の越年草。路傍や田畑にごく普通の雑草。春の七草の一。高さ三○センチメートル内外。葉は羽状に分裂。春、白色の小十字花を総状につけ、果実は扁平で三角形をなす。早春萌え出たのを食用。利尿・解熱に用い、また止血作用がある。ペンペングサ。
生活 薺摘む なずな‐つむ 正月七日の七種粥に入れる薺を摘む。
行事 七草 なな‐くさ 春の七種の菜、すなわち芹(セリ)・薺(ナズナ)・御形(ゴギヨウ)・##(ハコベ)・仏座(ホトケノザ)・菘(スズナ)・蘿蔔(スズシロ)の称。古くは正月七日に羹(アツモノ)にした。後世は、これを俎(マナイタ)に載せて囃(ハヤ)してたたき、粥に入れて食べた。
行事 七種粥 ななくさ‐がゆ 正月七日に、春の七草を入れて炊いた粥。後には薺(ナズナ)または油菜のみを用いた。菜粥。
行事 七草の囃し ななくさ‐の‐はやし 七草の祝に、前日の夜または当日の朝、俎(マナイタ)に薺(ナズナ)または七草や台所のすりこぎ・杓子などを載せ、吉方(エホウ)に向かい、「唐土(トウド)の鳥が日本の土地へ渡らぬ先になずなななくさ(ななくさなずな)」、または「唐土の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、ななくさなずな手に摘み入れて」などと唱え囃しながら、それらを叩く習俗。
行事 七日正月 なぬか‐しょうがつ 五節句の一。正月七日の祝い。この日、門松や松飾りをとる地方もある。ななくさの節句。七日の節句。
行事 莫告藻 な‐のり‐そ ホンダワラの古称。和歌では「なのりその」を、「名」「名告(ノ)る」にかかる序詞として用いる。
行事 生剥 なま‐はげ (「なま」は「なもみ」の意) 秋田県男鹿半島地方などで、正月一五日夜の行事。青年数人が大きな鬼面をかぶり、蓑を着、木製の刃物・幣束・桶・箱などを携え、戸毎に訪れて酒食の饗応を受け、祝言を述べる行事。なもみ剥ぎ。
生活 螺肴 にし‐ざかな 蓬莱(ホウライ)のこと。初春の祝儀に用いる。一説に、ニシはタニシあるいはニシン。
行事 二の替り に‐の‐かわり 京坂歌舞伎で、顔見世狂言の次の替狂言。普通は正月に興行した。
生活 庭竈 にわ‐かまど 近世、正月三が日の間、入口の土間に新しい竈を築いて火を焚き、飲食して楽しんだ奈良の風習。にわいろり。
生活 縫初め ぬい‐ぞめ 正月に、その年はじめての裁縫をすること。針起し。
生活 寝正月 ね‐しょうがつ 元旦または新年の休みにどこにも行かず寝てすごすこと。また、病気で新年に寝ている場合も縁起をかついでいう。
時候 子の日 ね‐の‐ひ 「子の日の松」の略。
行事 子の日の遊び ねのひ‐の‐あそび 正月初子(ハツネ)の日に、野に出て小松を引き若菜を引いて遊び、千代を祝って宴遊する行事。小松引。
生活 子の日の衣 ねのひ‐の‐ころも 子の日の遊びに着る狩衣(カリギヌ)。
行事 子の日の松 ねのひ‐の‐まつ 子の日の遊びに引く松。
行事 年賀 ねん‐が 新年の祝い。年始の祝賀。
生活 年賀状 ねんが‐じょう 年賀のために出す書状。年始状。
生活 年始 ねん‐し 年頭の祝い。年賀。
生活 年酒 ねん‐しゅ 新年の酒。また、年始回りの客にすすめる酒。
時候 年初 ねん‐しょ 年のはじめ。年始。
時候 年頭 ねん‐とう 年の始め。年始。
生活 年礼 ねん‐れい 年始の祝賀の礼。また、そのための訪問。賀礼。
生活 乗り初め のり‐ぞめ 新調の乗物に初めて乗ること。また、新年に初めて乗物に乗ること。はつのり。
行事 賭弓 のり‐ゆみ 平安時代の宮廷年中行事の一。射礼(ジヤライ)の翌日、一般に正月一八日、天皇が弓場殿(ユバドノ)に出御、左右の近衛府・兵衛府の舎人(トネリ)らが弓を射るのを観覧、勝った方には賭物を与え、負けた方には罰盃を課した。
行事 拝賀 はい‐が 朝賀に同じ。
行事 歯固め は‐がため 正月三が日の間、鏡餅・猪・鹿・押鮎・大根・瓜などを食べる行事。「歯」は齢の意で、齢を固め長命を願ってする。
生活 掃初め はき‐ぞめ 新年に、初めて掃除をすること。初掃除。
生活 貘の札 ばく‐の‐ふだ 貘の形を描いた札。節分・大晦日・初夢の時などに、夜具の下に敷いて悪夢を見ないまじないとした
生活 羽子板 はご‐いた 羽子をつくのに用いる長方形で柄のある板。桐・杉などで作り、表に絵を描き、または押絵を付けなどする。胡鬼板(コギイタ)。
生活 箸紙 はし‐がみ 紙を折り畳んで、箸をさすようにしたもの。新年の太箸にはこれを使う。
生活 はぜ‐うり はぜ‐うり 江戸時代、大晦日や元日早朝、蓬莱飾りなどに使う#を売り歩いた者。
天文 初茜 はつ‐あかね 元日の朝の、茜色に染まった空。
天文 初明り はつ‐あかり 元日のあけぼのの光。
生活 初商い はつ‐あきない 新年になって初めてのあきない。はつうり。うりぞめ。
生活 初市 はつ‐いち 年が明けて、初めて開く市。一般に正月二日。
生活 初卯詣で はつう‐もうで 正月の初卯に神社に参詣すること。大阪では住吉神社、京都では石清水八幡宮、東京では亀戸の妙義神社などが代表的。卯の札という神符を受ける。
生活 初売り はつ‐うり 新年初めての売出し。はつあきない。うりぞめ。
生活 初恵比須 はつ‐えびす 十日戎(トオカエビス)に同じ。
生活 初買い はつ‐がい 一月二日、新年に入って初めて買物をすること。かいぞめ。
生活 初鏡 はつ‐かがみ 新年に、女子が初めて鏡に向かって化粧すること。初化粧。
時候 二十日正月 はつか‐しょうがつ 正月二○日。正月の祝い納めとして業を休んだ。女正月。骨正月。
天文 初霞 はつ‐がすみ 新年になって野山にたなびく霞。にいがすみ。
生活 初釜 はつ‐がま 正月最初に行う茶事。
生活 初竈 はつ‐かまど 元日、はじめてかまどに火を入れること。
生活 初髪 はつ‐かみ 新年に女子が初めて髪を結いあげること。また、その髪。
動物 初烏 はつ‐がらす 元日、特にその早朝に鳴く烏。めでたいものとされる。
生活 初観音 はつ‐かんのん 正月一八日の、その年最初の観世音菩薩の縁日。また、それに詣でること。
生活 初稽古 はつ‐げいこ 初めて稽古すること。また、新年に初めて稽古すること。稽古始。
生活 初庚申 はつ‐こうしん 新年初の庚申の日。この日帝釈天(タイシヤクテン)に詣でる習慣がある。初帝釈。
生活 初声 はつ‐こえ 新年になってから初めて聞く声または音。特に、鳥の鳴き声など。
生活 初暦 はつ‐ごよみ 新年に初めてこよみを用いること。また、そのこよみ。暦開き。
生活 初芝居 はつ‐しばい 年の初めにする歌舞伎などの興行。
動物 初雀 はつ‐すずめ 元日の朝の雀。また、そのさえずり。
生活 初硯 はつ‐すずり 新年に、初めて硯を使い書や絵を書くこと。書きぞめ。吉書。
生活 初席 はつ‐せき 寄席(ヨセ)で、芸人が新年に初めて出演すること。また、その興行。初寄席。寄席開き。
行事 初大師 はつ‐だいし その年の初めての弘法大師の縁日。正月二一日。初弘法。
生活 初旅 はつ‐たび その年初めての旅行。旅始。
生活 初便り はつ‐だより その年の)初めてのたより。
生活 初手水 はつ‐ちょうず 元日の朝、若水で手や顔を洗い清めること。また、その若水。
生活 初天神 はつ‐てんじん 正月二五日の、その年最初の天満宮の縁日。また、それに詣でること。
生活 初寅 はつ‐とら 新年初めての寅の日。この日に毘沙門天(ビシヤモンテン)に詣でる習慣がある。
動物 初鶏 はつ‐とり 元旦の一番鶏。
天文 初凪 はつ‐なぎ 元日のなぎ。
生活 初荷 はつ‐に 新年、問屋などの商初めに、馬・車などに商品を積み、美しく飾りたてて売先へ送り届けること。また、その荷。
時候 初春 はつ‐はる 春のはじめ。新春。新年。
天文 初日 はつ‐ひ 元日の朝日。初日の出。
天文 初日影 はつ‐ひかげ 元旦の朝日。また、その光。
天文 初日の出 はつ‐ひので 元旦の日の出。はつひ。
地理 初富士 はつ‐ふじ 元日に富士山を望み見ること。また、その富士の姿。
生活 初不動 はつ‐ふどう その年最初の不動尊の縁日。一月二八日。
生活 初参り はつ‐まいり 新年初めての寺社などへの参詣。初もうで。
天文 初御空 はつ‐みそら 元日の大空。その年はじめて明けた空を賞(メ)でていう。
時候 初昔 はつ‐むかし 元日になってから前年を指していう語。旧年(フルトシ)。
生活 初詣で はつ‐もうで 新年にはじめて社寺へお参りすること。はつまいり。
生活 初薬師 はつ‐やくし 正月八日の、その年最初の薬師如来の縁日。また、それに詣でること。
生活 初山 はつ‐やま 「はつやまいり」に同じ。
生活 初湯 はつ‐ゆ 新年初めての入浴。正月二日の入湯。初風呂。
生活 初夢 はつ‐ゆめ 元日の夜に見る夢。また、正月二日の夜に見る夢。古くは、節分の夜から立春の明けがたに見る夢。
生活 初漁 はつ‐りょう 新年になって初めて出る漁。
植物 初若菜 はつ‐わかな 初めて生えた若菜。初めてつんだ若菜。
生活 初笑い はつ‐わらい 新年になって初めて笑うこと。笑初(ワライゾメ)。
生活 羽根 は‐ね 羽子(ハゴ)に同じ。
生活 馬場始め ばば‐はじめ 新年にはじめて馬場を使用すること。
生活 破魔矢 はま‐や 破魔弓につがえて放つ矢。今は正月の縁起物として神社で出す。
生活 破魔弓 はま‐ゆみ 魔障を払い除くという神事用の弓。後には、男児の玩具となり、細長い板に弓矢を飾りつけ、その下に押絵の戦人形(イクサニンギヨウ)を貼り正月の贈物ともした。
生活 春着 はる‐ぎ 年始に着る新しい衣服。春衣。
生活 春駒 はる‐ごま 年の始めに馬の頭の作り物を持ち、戸ごとに歌ったり舞ったりした門付芸人。また、その歌。
時候 春永 はる‐なが 昼間の長い春の季節。日永。永陽。多く、年の初めをたたえていう。
行事 晴れの御膳 はれ‐の‐ごぜん 正月三が日に大膳職から天皇に奉る膳。威儀御膳(イギノオモノ)。
生活 弾き初め ひき‐ぞめ 新年(多くは正月二日)にはじめて箏(コト)・三味線などをひくこと。ピアノ・バイオリンなどにもいう。
生活 常陸帯 ひたち‐おび 常陸国鹿島神社で、正月一四日の祭礼の日に、布帯に男女が各その意中の者の名を書いたものを神前に供え、禰宜(ネギ)がこれを結んで縁を定めた帯占。鹿島の帯。
行事 氷の様の奏 ひのためし‐の‐そう 元日の節会(セチエ)に、宮内省から去年の氷室(ヒムロ)または氷池(ヒイケ)の氷の厚薄を宮中に奏聞する儀式。石瓦で模型を作るという。氷が厚ければ豊年、薄ければ凶年とした。
生活 姫始 ひめ‐はじめ 新年に夫婦が初めて交合する日。
生活 開き豆 ひらき‐まめ 水煮の大豆。正月の祝物にする。
植物 福寿草 ふくじゅ‐そう キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。アジア北部に分布し、わが国の山地にも自生。縁起のよい名称と、花の少ない時期咲くのが珍重され、正月用の花として広く栽培。太い根茎をもち、地上茎は高さ約二○センチメートル。葉は羽状複葉。早春、葉に先立って黄色の美花を開く。東京付近での野生のものの開花は四〜五月。園芸品種も多い。有毒。根は強心薬となる。元日草。
生活 福神参り ふくじん‐まいり 七福神詣(シチフクジンモウデ)に同じ。
生活 福茶 ふく‐ちゃ 昆布(コンブ)・黒豆・山椒(サンシヨウ)・梅干などを入れた茶。大晦日(オオミソカ)・正月・節分などに縁起を祝って飲む。
生活 福引 ふく‐びき (年の初めに、二人で一つの餅を引っぱり合い、取り分の多少によってその年の吉凶を占ったことから) くじ引で種々の物品を分けとること。古くは綱の先に銭や品物を結びつけておいて引いた。
生活 福沸し ふく‐わかし 正月の七日・一五日などに年神に供えた餅を粥に入れて煮て食うこと。福入り雑煮。鏡あげ。
生活 福藁 ふく‐わら 正月、庭に敷くわら。清めのためとも、年賀の客を迎えるためともいう。
生活 福笑い ふく‐わらい 正月の遊びの一。目隠しをして、おかめなど顔の輪郭だけを書いた紙の上に眉・目・鼻・口をかたどった紙を置き、できあがりのおかしさを楽しむもの。
生活 振振 ぶり‐ぶり 八角形の槌(ツチ)の頭に似た木製の玩具。長い紐を付けて振り回して遊び、また、毬杖(ギツチヨウ)のように玉を打ち合う。近世、紐を柄に変え、玉を車とし、魔除けのために年始の飾物として贈答した。振振毬杖。玉毬杖。
生活 宝引 ほう‐びき 福引の一種。幾本もの綱を束ねてそれを人に引かせ、胴ふぐり(木槌)または橙(ダイダイ)の果実のついている綱を引き当てた者が勝で、賞を得る。また、直接、綱の端に金銭や品物を結びつけた。正月の遊戯や賭博として行われた。たからびき。
生活 蓬莱 ほうらい 新年の祝儀に三方の盤上に白米を盛り、上に熨斗鮑(ノシアワビ)・伊勢海老・勝栗・昆布・野老(トコロ)・馬尾藻(ホンダワラ)・串柿・裏白・譲葉・橙・橘などを飾ったもの。蓬莱飾。宝莱。江戸では喰積(クイツミ)。
生活 穂垂 ほ‐たれ 正月の削掛(ケズリカケ)。
生活 穂俵 ほ‐だわら ホンダワラのこと。干して藁(ワラ)で束ね、米俵の形とし、蓬莱(ホウライ)飾りに用いる。
植物 仏の座 ほとけ‐の‐ざ 春の七草の一。キク科のタビラコの別称。
生活 仏の正月 ほとけ‐の‐しょうがつ 新年になってはじめて仏をまつり、墓参などをすること。
生活 仏の年越し ほとけ‐の‐としこし 中国・四国地方で、正月になって初めて墓詣でをする日。先祖正月。
生活 ほと‐ほと ほと‐ほと 正月一四日夜に、青少年たちが顔を隠し、蓑笠姿で「ほとほと」と唱えて戸ごとに訪れ、餅・祝儀などを貰う行事。
植物 馬尾藻 ほん‐だわら 海産の褐藻。長さ三メートルに達し、質は柔軟で、葉は披針形、浅い切れ込みがある。別に楕円形または倒卵形の気胞を有し、海表を浮いて流れ藻となる。古来、新年の飾物、食用、肥料として用い、また焼いて加里(カリ)を採る。類似種が多く、それらをモクと総称。ホダワラ。ナノリソ。タワラモク。浜藻。
生活 梵天 ぼん‐てん 幣束(ヘイソク)。祭礼や修験道の祈祷に用い、また、劇場の矢倉の左右に立てた。竿の先につけた大きな幣束をかつぐ祭を梵天祭といい、正月一七日の秋田のものなどが有名。
生活 舞初め まい‐ぞめ 新年になって初めて舞を舞うこと。特に、仕舞を舞うこと。
生活 松納め まつ‐おさめ 「まつおろし」に同じ。
生活 松飾り まつ‐かざり 新年に門口などに飾り立てる松。門松。
生活 松過ぎ まつ‐すぎ 正月、松飾りを取り除いたあと。注連明(シメアケ)。
時候 松の内 まつ‐の‐うち 正月の松飾りのある間の称。昔は元日から一五日まで、現在は普通七日までをいう。標(シメ)の内。
生活 松囃子 まつ‐ばやし 南北朝・室町時代の正月芸能。村人・町衆・侍衆などがそれぞれ組を作り、美しく装って歌い舞い、諸邸に参入して祝賀の芸を演じたものだが、詳細は不明。将軍邸には唱門師(シヨウモンジ)が参入するのを例としたが、後には猿楽と代り、観世大夫などが勤めた。
生活 政事始 まつりごと‐はじめ 平安時代、正月吉日に行われた、政事を始める朝儀。近代、一月四日と定められ、内閣総理大臣と宮内大臣から天皇に神宮の事および各般の政務を奏した。御用始。
生活 繭玉 まゆ‐だま 小正月の飾り物。柳・榎・山桑・アカメガシワなどの枝に餅・団子などを沢山つけたもの。繭の豊かにできることの予祝。のちには柳などの枝に菓子種で作った球を数多くつけ、七宝・宝船・骰子(サイ)・鯛・千両箱・小判・稲穂・当矢(アタリヤ)・大福帳など縁起物の飾りを吊し、神社などで売るものとなった。まいだま。まゆだんご。なりわいぎ。
生活 万歳 まん‐ざい 年の始めに、風折烏帽子(カザオリエボシ)を戴き素襖(スオウ)を着て、腰鼓を打ち、当年の繁栄を祝い賀詞を歌って舞い、米銭を請う者。太夫と才蔵とが連れ立ち、才蔵のいう駄洒落を太夫がたしなめるという形式で滑稽な掛合いを演ずる。千秋万歳(センズマンザイ)に始まり、出身地により大和万歳・三河万歳・尾張万歳などがある。「漫才」はこれの現代化で、関西に起る。
行事 御薪 み‐かまぎ 律令時代、毎年正月一五日に、百官が年中の用料にあてるため、宮内省に進献した薪。また、それを進献する儀式。
生活 三河万歳 みかわ‐まんざい 愛知県西尾市および安城市を本拠とする万歳。江戸時代に始まり、烏帽子に大紋を着た太夫と鼓打ちの才蔵とが家々を回って祝言を述べ滑稽な掛合いを演ずるもの。
時候 三日 みっ‐か 月の第三の日。特に、正月三日。
時候 三つの朝 みつ‐の‐あさ (年・月・日の朝の意) 元旦。三朝(サンチヨウ)。
時候 六日 むい‐か 月の第六日。特に、正月六日。むよか。
生活 六日年越し むいか‐としこし 正月七日を七日正月といい、その前日を年越しとして祝うこと。
生活 結び昆布 むすび‐こんぶ 昆布を小さく結んだもの。福茶・雑煮などに入れる。むすびこぶ。
生活 名刺受け めいし‐うけ 年賀・告別式などで、来客の名刺を受ける器。
時候 孟春 もう‐しゅん 陰暦正月の異称。
行事 土竜打ち もぐら‐うち 豊作を祈る正月一四日の行事。田畑を荒すモグラを追い払う意で、子供たちが藁(ワラ)を固く縛った棒で土を叩いてまわる。もぐら追い。
生活 餅間 もち‐あわい 東日本で、正月七日か八日から一四日あるいは一六日までをいう。餅あい。餅中(モチナカ)。松あいさ。
生活 餅鏡 もちい‐かがみ かがみもち。
生活 餅花 もち‐ばな 餅を小さく丸め彩色して柳の枝などに沢山つけたもの。小正月に神棚に供える。
生活 物吉 もの‐よし 祝い詞や雑芸をもって門に立ち、物乞いするもの。
生活 宿下がり やど‐さがり 奉公人が暇を貰って親元または請人(ウケニン)の家に帰ること。俳諧では特に、正月の藪入(ヤブイリ)をいう。やどおり。
生活 柳箸 やなぎ‐ばし 柳の木で造った箸。新年の雑煮箸とする。
生活 藪入 やぶ‐いり 奉公人が正月および盆の一六日前後に主家から休暇をもらって親もとなどに帰ること。また、その日。盆の休暇は「後の藪入り」ともいった。宿入(ヤドイリ)。
生活 遣羽根 やり‐ばね 「やりはご」に同じ。
生活 結い初め ゆい‐ぞめ 新年になって初めて髪を結うこと。初結。
植物 譲葉 ゆずり‐は トウダイグサ科の常緑高木。高さ六メートル内外。若い枝と葉柄とは紅色を帯びる。葉は長楕円形で厚く、雌雄異株。四〜五月頃、緑黄色の小花を総状に配列し、楕円形の核果を結び、一一月頃熟して暗緑色となる。新しい葉が生長してから古い葉が譲って落ちるのでこの名がある。葉を新年の飾物に用いる。
行事 弓始 ゆみ‐はじめ 弓場始(ユバハジメ)に同じ。
行事 弓矢始 ゆみや‐はじめ 弓場始(ユバハジメ)に同じ。
時候 宵の年 よい‐の‐とし 新年に、前年あるいは前年の暮を指していう語。
生活 読み初め よみ‐ぞめ 新年に初めて書物を読むこと。
動物 嫁が君 よめ‐が‐きみ 鼠の異称。特に正月三が日の忌詞。
時候 四方の春 よほう‐の‐はる あちこちに新春の気配が感じられること。その気配。
生活 礼者 れい‐しゃ 年賀にまわり歩く人。
生活 礼帳 れい‐ちょう 年賀の客が署名する帳面。玄関に机・筆硯とともに置く。
生活 若夷 わか‐えびす 江戸時代、京坂地方で元日の朝早く売って歩いた、夷神の像を刷った御札。門戸に貼ったり歳徳神(トシトクジン)に供えたりして福を祈った。京都では鞍馬の毘沙門天の御札をも売る。
生活 輪飾り わ‐かざり 藁を輪の形に編み、数本の藁を垂らした正月の飾り物。裏白・紙四手(シデ)などを添える。輪注連(ワジメ)。
生活 若潮 わか‐しお 西部日本で、元日の早朝、海から汲んで来て神に供える潮水のこと。
植物 若菜 わか‐な 年の七種の新菜を羹(アツモノ)として奉ったもの。万病を除くといわれ、後に七日の行事となった。ななくさ。
行事 若菜摘み わかな‐つみ 野に出て若菜を摘むこと。また、その人。古くは正月の初の子の日、後には正月七日の行事となった。
生活 若水 わか‐みず 元日の朝に初めて汲む水。一年の邪気を除くという。古代、宮中では立春の日に主水司(モイトリノツカサ)から天皇に奉った水。
生活 若餅 わか‐もち 正月三が日の間につく餅。また、小正月のためにつく餅。
生活 若湯 わか‐ゆ 正月、その年初めてわかす風呂。初湯。
生活 輪注連 わ‐じめ 「輪飾り」に同じ。
生活 笑い初め わらい‐ぞめ 「初笑い」に同じ。